忍者ブログ

06

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
□    [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

送信する前に確認ダイアログを出すには
JavaScriptで制御する

<head>~</head>内に

<script type="text/jscript" language="javascript" >
function submitCheck(e){
    if (!e) var e = window.event;

    if(e.keyCode == 13){
        if(confirm('送信してもよろしいですか?')){
            input = e.srcElement? e.srcElement: e.target;
            var form = input.parentNode;
            while(form != null && form.nodeName != 'FORM'){
                form = form.parentNode;
            }
            if(form != null)
                form.submit();
        }
        else {
            return false;
        }
    }
}
</script>



と記述

さらに一言メルフォのテキストエリアのタグにも


onKeyPress="return submitCheck(event);"


を追加

<input type="text" name="ひとこと" size="40" onKeyPress="return submitCheck(event);">
<input type="submit" value="送">

こんなかんじ


ただしinput type="text"が2つ以上ある場合はだめかもしれんとあったのでそうなったときはまた別の方法で。

エンター押しても送信されない とかで検索するといろいろ出てくる。
いろんな方法があるもんですねー
個人的には確認してくれるのがすきだ。
PR
【自分のサイト内ページに動画を埋め込む(エンベッド形式)方法】

Windows Media Playerの場合のソース
-----------------------------------------------------------------------
<html>
<head>
<title>sample エンベット形式</title>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
</head>
<body bgcolor="#FFFFFF" text="#000000">

<!-ここから Windows Media Player--------------->
<OBJECT ID="Player" width="横ピクセル" height="縦ピクセル"
CLASSID="CLSID:6BF52A52-394A-11d3-B153-00C04F79FAA6">
<PARAM name="autoStart" value="false">
<PARAM name="URL" value="動画ファイルURL">

<embed src="動画ファイルURL" autostart="false" width=横 height=縦></embed>

</OBJECT>
<!-ここまで -------------------------------->


</body>
</html>
-----------------------------------------------------------------------

<OBJECT>~</OBJECT>で囲まれた部分がプレイヤー表示部分。

1行目の 「width=」「height=」はそれぞれ、画面の「横」と「縦」のサイズ(単位はピクセル)

classid」はどのファイルも共通なので変えない。

<param name="AutoStart" value="true">は自動的に動画がスタートかどうかの設定
VALUE="false"  見る側がスタートボタンをクリックしないと動画が再生されない
VALUE="true"  ページを開くと動画が再生される

<PARAM name="URL" value="動画ファイルURL">は再生するメタファイルを指定。


<embed>~</embed>タグ内はNetscape指定であるマルチメディアリソースなどページ上に貼り付けるための汎用的なタグ。
タグ内では様々なパラメータ制御が出来る。<EMBED>タグ内ではすべて属性で指定する

SRC属性: 再生するメタファイルを指定
WIDTH属性: 表示画面およびコントロール部分に幅
HEIGHT属性: 表示およびコントロール部分の高さ
AUTOSTART属性: 自動再生をさせるか、再生ボタンでスタートかを指定。自動再生「true」再生ボタンでスタート「false」


※動画ファイルがmp4形式などだと最新のWindows Media Playerでないと再生できない。
vistaやxp標準搭載のWindows Media Playerでも再生できるようにするには、
動画ファイルをwmm形式にするなど、旧WMPでも再生できるファイル形式にする必要がある。





この記事より
誰でも出来るストリーミング:ホームページへ配置する
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts